ブログ|京都 下鴨 洛北の出版社「自費出版の北斗書房」

ニュースレターのご案内

ニュースレター『想いのカタチ 2019年春号』のご案内

自分史ニュースレター「思いのカタチ2019年春号」

弊社ニュースレター『想いのカタチ2019年春号』が完成しました。

今回の特集は「良文のススメ」です。
読みやすく、分かりやすい文章にするために気を付けるべき点をご紹介しています。

読む人の心を打つ名文を書きたい―
こんな気持ちは、文章を書く人なら誰でも、多少は持つものです。しかし、その気負いが、逆に文章を必要以上に複雑にしてしまうこともあります。
ちょっとしたポイントを抑えるだけで、読み手にとってテンポ良く読める分かりやすい文章に変わります。
今回の特集が、少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

「想いのカタチ」は、無料で定期配布しております。
ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

(お問い合わせ・お申し込みフォームのページが別ウィンドウで開きます)

北斗書房からのお知らせ
(くわしくはタイトルをクリックしてください)

2019年2月度自費出版相談会のお知らせ

これまでに弊社より刊行した作品や紙見本などをご覧いただきながら「ゆっくり」「じっくり」ご相談いただけます。
自費出版に関するご質問やご希望など、何なりとお尋ねください。

「想いを綴る」写真募集!(3月相談会告知用)

想いを綴る 写真募集!
あなたの作品が、ポスターやホームページを飾ります。

自費出版のご質問にお答えします

紙のこと、装丁のこと、レイアウトについて、原稿の書き方など……
自費出版に関する疑問ならどんなことでも結構です。
お気軽にお問い合わせください。

ニュースレター『想いのカタチ 2018年冬号』のご案内

自分史ニュースレター「思いのカタチ2018年冬号」

弊社ニュースレター『想いのカタチ2018年冬号』が完成しました。

今回の特集「自費出版と法律」では、版権をご紹介しております。

自費出版という言葉の浸透する一方で、まるで足並みを揃えるかのように「法令順守(コンプライアンス)」の意識も高まってきたように感じます。

それでも、既に法令には存在しない言葉や、業界で慣習的に使われてきた言葉が様々な解釈で用いられており、著者をはじめとする一般の方に混乱を招いていることも否定できません。
今回の特集が、少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

「想いのカタチ」は、無料で定期配布しております。
ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

(お問い合わせ・お申し込みフォームのページが別ウィンドウで開きます)

北斗書房からのお知らせ
(くわしくはタイトルをクリックしてください)

自費出版のご質問にお答えします

紙のこと、装丁のこと、レイアウトについて、原稿の書き方など……
自費出版に関する疑問ならどんなことでも結構です。
お気軽にお問い合わせください。

2018年11月度自費出版相談会のお知らせ

これまでに弊社より刊行した作品や紙見本などをご覧いただきながら「ゆっくり」「じっくり」ご相談いただけます。
自費出版に関するご質問やご希望など、何なりとお尋ねください。

ニュースレター『想いのカタチ 2018年秋号』のご案内

弊社ニュースレター『想いのカタチ2018年秋号』が完成しました。

今回の特集「自費出版と法律」では、肖像権をご紹介しております。

スマートフォンやSNS の発達により、個人で気軽に情報発信ができる時代になりました。
その一方で、不用意な投稿によって他者の権利が侵害される事例も後を絶ちません。

肖像権は著作権とは異なり、法律上の罰則は定められていませんが、判例では出版物の差し止めや損害賠償の請求などのペナルティが科せられることが少なくありません。

これからも、個人のプライバシー保護に対する意識の高まりと共に、このようなトラブルはますます増えることが予想されます。

このような現状を踏まえ、今回の特集では「肖像権」を取り上げました。
高い質の自費出版作品には、自分の権利と同じくらい、他人の権利にも配慮したものであるべきと、私達は考えています。
今回の特集が、少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

「想いのカタチ」は、無料で定期配布しております。
ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

(お問い合わせ・お申し込みフォームのページが別ウィンドウで開きます)

ニュースレター『想いのカタチ 2018年夏号』のご案内

 

弊社ニュースレター『想いのカタチ2018年夏号』が完成しました。
今回の特集は「自費出版と法律」として、著作権法と自費出版の関係をご紹介しております。

近年コンプライアンス(法令遵守)に対する意識が高まるなか、著作権に関するニュースが後を絶ちません。
著作物の適用される範囲は考えている以上に広いものです。
もちろん、自費出版作品も例外ではありません。

自費出版としてつくられた作品も立派な著作物です。
作品の著者には著作権があります。
それと同様に、他者の作品にも著作権があることを忘れてはなりません。
お互いの作品に敬意を表する意味でも、著作権の取り扱いには充分な注意が必要です。

今後も自費出版に関わる様々な法律と対策をご紹介してまいります。
そのため、特集「自費出版と法律」はシリーズでお送りすることを考えております。
 自費出版をお考えの方にとって、この特集が少しでもお役にたてば幸いです。

「想いのカタチ」は、無料で定期配布しております。
ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

(お問い合わせ・お申し込みフォームのページが別ウィンドウで開きます)

 

新ニュースレター『想いのカタチ』無料配布のご案内

このたび、弊社ニュースレターをリニューアルしました。

自費出版は家族や友人に伝えたい「想い」をカタチにすること。
そんな想いから、誌名も新たに『想いのカタチ』としました。

自費出版に取り組んでみようとお考えの方に向けて、構成の考え方や原稿の書き方、実際に作品をお作りになった方の体験記など、自費出版に関するお役立ち情報をご提供します。
ページ数も従来より増えて、12ページの冊子になります。

「想いのカタチ」は、無料で定期配布しております。

ご希望の方は、こちらからお申し込みください。

(お問い合わせ・お申し込みフォームのページが別ウィンドウで開きます)

本というカタチにすることで、新しい出会いや発見につなげたい。
また、作品をつくる過程も楽しんでいただきたい。
北斗書房では自費出版制作をそのように考えています。
本誌が、自費出版文化の振興にお役立てることを願っております。

新生ニュースレター『想いのカタチ』
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

自費出版のご質問にお答えします

北斗書房では、自費出版に関するご質問を募集しております。

紙のこと、装丁のこと、レイアウトについて、原稿の書き方など……
自費出版に関する疑問ならどんなことでも結構です。
下のボタンからお気軽にご投稿ください。

(お問い合わせ・お申し込みフォームのページが別ウィンドウで開きます)

ご質問は、当サイトおよび弊社ニュースレター「想いのカタチ」に掲載します。
採用されました方には、掲載誌のほか、弊社のオリジナル冊子を進呈いたします。
皆様からのご質問をお待ちしております。