ブログ|京都 下鴨 洛北の出版社「自費出版の北斗書房」

エッセイコンテスト

自費出版が応募できるコンテスト一覧(1)

巷には、小説、俳句、エッセイ、写真、絵画など、様々な分野でコンテストが開催されています。
たいていの場合、作品単体での応募がほとんどですが、すでに刊行された本を対象とした対象としたコンテストもあります。
そのなかには、自費出版が応募できるコンテストも意外とあるのです。

最初からコンテストを狙って自費出版をされることは滅多にありません。
しかし、コンテストに出品することで、より多くの人の目に触れることができます。

ここでは、自費出版の作品が応募できるコンテストをご紹介します。
既に締切が過ぎたものは、直近の応募要項を掲載しています。

お作りになられた自費出版作品を、コンテストを通じて世に問うことができるかもしれません。

日本自費出版文化賞

NPO法人日本自費出版ネットワークが主催する賞で、自費出版に光を当て、著者の功績を讃え、かつ自費出版に再評価、活性化を促進しようとするものです。

募集要項(第22回:2020年)

制作費用の全額または一部を著者(個人・団体)が負担し、日本国内で最近10年以内に出版され、主として日本語で書かれた一般書で、製本された著書が対象です。
定価のついていない冊子(非売品)や、ISBNコードの有無にかかわらず、応募できます。

募集期間: 2019年11月1日~2020年3月31日

募集部門:次の7部門

1.地域文化部門/2.個人誌部門/3.小説部門/4.エッセー部門/5.詩歌部門/6.研究・評論部門/7.グラフィック部門

出品料:1冊あたり2,000円

ホームページ:https://www.jsjapan.net/pages/award

毎日出版文化賞

毎日新聞社が主催する、優秀な出版物を対象とした文学・文化賞で、1947年に創設されました。毎年11月に受賞者が発表され、授賞式が東京で行われます。

募集要項(第74回 2020年)

2019年8月21日から1年間に初版が刊行された出版物から、出版社の自薦または、毎日新聞社が依頼した有識者から推薦された出版物が応募対象になります。

応募締切:8月31日

出品料:無料

ホームページ: https://www.mainichi.co.jp/event/aw/002222.html

造本装丁コンクール

造本装幀コンクールは、造本装幀(出版・印刷・製本・装幀・デザイン]の成果を総合的に評価する国内で唯一のコンクールです。
「美しい」本の持つ魅力を広くアピールづくりへの意欲を高めるとともに造本技術・装幀デザインの素晴らしさ、本の持つ魅力を広くアピールし、ひいては出版文化産業の発展に寄与することを目的としています。

募集要項(第54回 2020年)

募集期間:1月31日~5月10日

募集資格:出版書籍の制作にかかわった者

募集作品:2019年1月1日~12月31日までに発行された書籍

募集部門:次の6部門 

(1)文学、文芸[エッセイ] /(2)芸術書/(3)児童書、絵本/(4)専門書[人文社会科学・自然科学書等]/(5)語学・学参・辞事典・全集・社史・年史・自分史/(6)生活実用書・文庫・新書・双書・コミック・その他

出品料:1冊あたり6,050円(税込)

ホームページ:https://www.jbpa.or.jp/zohon/zohon-gaiyo.html

北斗書房からのお知らせ

第2回エッセイコンテスト開催中

ただいま、2回目の《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》を開催中です。
テーマは「大好きな〇〇」です。
あなたの大好きなモノ・ヒト・コトなどへの熱い想いが伝わる作品をお待ちしています。
締切まであと1カ月半、たくさんのご応募をお待ちしております!

詳しくは下の画像をクリックしてください

 

エッセイ作品集 鋭意制作中です。

「《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》スポーツとわたし」の作品集、ただいま最終確認を行っています。

作品集は7月末より受賞者の皆様に発送を開始します。
また、本ホームページや弊社店頭受付にて販売を開始します。
「スポーツ」と向き合う「わたし」の、心暖まる34作品を掲載しています。
ぜひ手に取ってご覧ください。

第2回エッセイコンテスト開催中

ただいま、2回目の《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》を開催中です。
テーマは「大好きな〇〇」です。
あなたの大好きなモノ・ヒト・コトなどへの熱い想いが伝わる作品をお待ちしています。

 

 

【エッセイコンテスト】トップページ公開しました

「エッセイで綴るミニ自分史コンテスト」トップページを公開しました。
5月10日(日)より、ご応募の受付を開始いたします。

本コンテストでは「エッセイで綴るミニ自分史」と謳っています。
エッセイと自分史、一見すると全く異なるジャンルに感じられるかもしれません。
しかしエッセイは、自分史に通じるものがあると私たちは考えています。
 
エッセイは「ある出来事に対して、自分の考えを文章に記したもの」です。
一方自分史は、自己の半生を振り返り、その意味を考察します。
出来事から自分の考えを述べるエッセイ、人生を記し意味を考察する自分史。
とても似ているように思うのですが、いかがでしょうか。
その意味では、エッセイは「人生のある瞬間を切り取った自分史」といえるのかもしれません。
 
今回のコンテストは「大好きな〇〇」というテーマで作品を募集します。
どなたにもきっと、
「だれにも負けないくらい大好き!」
「これだけは他人にゆずれない!」
「いつまでも大切に持ち続けたい!」
そう言える大好きな「何か」をお持ちだと思います。

そんな熱い想いを、エッセイという「カタチ」にしてみませんか?
あなたの作品が本に掲載されます。
 
応募要項などの詳細は、近日中に公開いたします。 
ぜひこの機会に、皆様ふるってご参加ください。

「エッセイで綴るミニ自分史コンテスト」トップページ

 

《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》スポーツとわたし 結果発表!

皆様から多数のご応募をいただきました。
この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。
厳正なる審査の結果、以下のとおり受賞者を発表させていただきます。
受賞された皆様、おめでとうございます!

作品は、弊社で刊行いたします「エッセイ集 スポーツとわたし」に掲載させていただきます。

第1回 エッセイで綴るミニ自分史コンテスト 受賞者(50音順)
【プレーするわたし】
浅見 嶺太朗 様(京都府) 天野 洋祐 様(岡山県)
池乃  大 様(京都府) イシザキマコト 様(東京都)
岩堀 妙子 様(神奈川県) 加賀  義 様(長崎県)
河上 輝久 様(大阪府) 川村  均 様(神奈川県)
北東 紗輝 様(大阪府) kurage5338 様(兵庫県)
栗田 薫子 様(愛媛県) つぶがい 様(東京都)
中島 康隆 様(愛知県) はしらやまこと 様(滋賀県)
原  邦之 様(東京都) はらやまとしこ 様(滋賀県)
前田  哲 様(京都府) ミーオ 様(岡山県)
杳 様(東京都) ローズマリー 様(滋賀県)
渡辺 美智子 様(京都府)  
【応援するわたし】
中村 暁代 様(岩手県) 夏野 麻子 様(東京都)
ひろっさん 様(滋賀県) まーまま 様(石川県)
山本 由美子 様(大阪府)  
【支えるわたし】
倉井 一豊 様(埼玉県) 田中 一慶(岐阜県)
内藤 美津子 様(京都府)  

現在、第2回のコンテストの開催に向けて、準備を進めております。
告知ページは間もなく公開予定です。
皆様、どうぞ奮ってご応募ください!

エッセイで綴るミニ自分史コンテスト第2回開催決定!

エッセイで綴るミニ自分史コンテスト第2回開催決定!

「エッセイで綴るミニ自分史コンテスト スポーツとわたし」は、お陰様を持ちまして多数のご応募をいただきました。
あらためまして、厚く御礼申し上げます。
現在、審査の最終段階に入っておりますので、発表まで今しばらくお待ちください。

このたび、2回目の「エッセイで綴るミニ自分史コンテスト」開催が決定いたしました。
テーマは「大好きな〇〇」です。

どなたにもきっと、
「だれにも負けないくらい大好き!」
「これだけは他人にゆずれない!」
「いつまでも大切に持ち続けたい!」

そう言える大好きな「何か」をお持ちだと思います。
「大好き」の対象は、人、物、事、時間、音楽、映画……様々でしょう。
もちろん、スポーツもそうです。
きっと、人の数と同じだけ「大好き」があるのだと思います。

そんな熱い想いを、エッセイという「カタチ」に綴ってみませんか?
採用作品は、当社刊行の作品集に掲載いたします!

本コンテストでは「エッセイで綴るミニ自分史」と謳っています。
エッセイと自分史、一見すると全く異なるジャンルに感じられるかもしれません。
しかしエッセイは、自分史に通じるものがあると私たちは考えています。
エッセイは「ある出来事に対して、自分の考えや気持ち記したもの」です。
一方自分史は「自己の半生を振り返り、その意味を考察し、文章化したもの」といえます。

ある事象から自分の考えを導き出すエッセイ。
自己の半生から意味を導き出す自分史。

とても似ているように思うのですが、いかがでしょうか。
エッセイは「人生のある瞬間を切り取った自分史」でもあるのです。

コンテストの詳しいご案内は、4月10日公開予定です。
ぜひこの機会に、皆様ふるってご参加ください。

《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》スポーツとわたし 本日締切です!

「《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》スポーツとわたし」

皆様から多数のご応募をいただいております、有り難うございます。

応募締め切りは、本日1月15日(水)の24:00までとなっております。

スポーツに関わる思い出や、応援する熱い気持ちをエッセイで表現してみませんか?

たくさんのご応募お待ちしております。

《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》スポーツとわたし 間もなく応募締切です

「《エッセイで綴るミニ自分史コンテスト》スポーツとわたし」

皆様から多数のご応募をいただいております、有り難うございます。

応募締め切りは2020年1月15日(水)となっております。

「スポーツとわたし」の関わりを題材にしたエッセイを募集しております。

たくさんのご応募お待ちしております。

 

【エッセイコンテスト】トップページ公開しました

 

以前のブログでご案内しておりましたが、このたび、弊社主催の「エッセイで綴るミニ自分史コンテスト」のトップページを公開しました。

本コンテストでは「エッセイで綴るミニ自分史」と謳っています。
エッセイと自分史、一見すると全く異なるジャンルに感じられるかもしれません。
しかしエッセイは、自分史に通じるものがあると私たちは考えています。
 
エッセイは「ある出来事に対して、自分の考えを文章に記したもの」と定義されます。
一方自分史は、自己の半生を振り返り、その意味を考察します。
出来事から自分の考えを導き出すエッセイ、自己の半生から意味を導き出す自分史。
とても似ているように思うのですが、いかがでしょうか。
その意味では、エッセイは「人生のある瞬間を切り取った自分史」といえるのかもしれません。
 
今回のコンテストは「スポーツと私」というテーマで作品を募集します。
様々なスポーツとの関わり方を題材にしたエッセイを募集します。
スポーツには様々な関わり方があります。

アスリートとして自身の成績向上に全力で取り組む方、娯楽としてスポーツを楽しまれている方、健康増進や体力向上のためにスポーツを日課にされている方など……
プレーを通じて得た経験は、その後の人生においても貴重な財産になることでしょう。
 
また、スポーツの楽しみ方はプレーだけには留まりません。
プレーヤーやチームを支える方々も、彼らの活躍を夢見て日々サポートされています。
 
アスリートの見事な活躍やチームプレーの見事さは、応援する人に夢と感動を与えます。
 
そんな、色々なスポーツとの関わりをテーマとして、作品を募集します。
ぜひこの機会に、皆様ふるってご参加ください。

「エッセイで綴るミニ自分史コンテスト」トップページ